News

VIVIDSTORM Launches Exceptional Fully Concealed Motorized Laser TV Cabinet

ZhouQiaoli 0 Comments

VIVIDSTORM Launches Exceptional Fully Concealed Motorized Laser TV Cabinet In the ever-evolving landscape of home entertainment, the Newest VIVIDSTORM Fully Concealed Motorized Laser TV Cabinet emerges as a beacon of technological brilliance. This comprehensive review delves into the...

もうテレビはいらない!?

ZhouQiaoli 0 Comments

壁に映した場合・・・ お店の方 「うちの壁が凸凹があるので、どうしても凸凹を拾ってしまって💦」 実際に壁紙に投影しようとすると、かなりツルツルの壁紙でないと、 やはり厳しそうでした。 もし、超短焦点レンズホームシアターをおきたい場合は、その壁紙はツルツルにした方がよいです。 あと、映画は画面が暗いので、映画の場合は凸凹のある壁紙はかなり厳しそうです、 テレビの画面は明るいので、割といける 壁でも普通にみれる!皆さんどうでしょうか? 実際にスクリーンと、壁の違いを体験 壁の場合と、スクリーンの場合 (お店には商品用の短焦点レンズ用のスクリーンは置いてなかったです) やはりくっきりどが違う。 こだわるならスクリーンいります。 で、ここからが問題。 プロジェクタースクリーンもいろいろありまして・・・ 今、我が家で使っているプロジェクタースクリーンではなんと この超短焦点レンズでは見ることができません。 これ ↓ ✖✖このスクリーンでは見れません。✖✖✖ もしこの長焦点レンズスクリーンで見ると・・・ ↓実際に体験。 これはお店の天井付けスクリーン  あれ?めっちゃ ちっちゃい💦 こんなことになってしまいます。   つるすタイプのものは短焦点レーザーの場合、波打って表示されてうまく写らないのです。 ↑画像お借りしました   そのため超短焦点レーザレンズ、専用のスクリーンが必要です。 「超短焦点プロジェクター推奨や超短焦点プロジェクタ―対応」 と記載があるものです。   そんな中でも夫が特にほしいのはこれです✨✨    ヴィヴィッドストーム✨...